ゆきやこんこん

好きなもの KAT-TUN ムック ホークス。夫と息子の3人暮らし。

私とKAT-TUN

そもそも。私は重度のバンギャでした。
今はもう片足の指先がちょこっと浸かってる程度だけど、昔はもう首までどっぷり、溺れる寸前でした。

そんな私がなぜhyphenになったのか。

あれは2006年夏のこと。月9番宣に出ていたかめなしさんに一目惚れいたしました。はい。
あの時の衝撃を今でもはっきり覚えてます。

なんだこの弟キャラは!惚れてまうやろー!

ここからは完全なる持論です。
正直、この時点ではすぐに引き返すつもりでした。
うえださんなかまるさんと同い年な私はこの時すでに22、昔からジャニーズが好きならともかく、今更ハマるなんてないでしょ、と思っていました。

そうこうしているうちに、あの事件が起きます。そう、あかにしさんの留学です。

この件以降、私の目に映るかめなしさんは「KAT-TUNのために全力で個人の仕事を頑張る優等生」でした。でも、頑張って何もかもうまくいくなら、ただの優等生なら、きっと何も魅力を感じなかった。
かめなしさんの、どんなに頑張ろうとも報われるとは限らない、それでも走り続ける姿が堪らなかったんです。頑張って頑張って、築き上げたものが崩れたりして、それでもまた立ち向かっていく泥臭さ。なんて魅力的なのかしら。

そんなこんなで、リアルドリームボーイズを突き進むかめなしさんが私は大好きです。


しまった!タイトルが「私とKAT-TUN」なのにうえだくん、なかまるくんが全く出てこない!ま、いっか。