ゆきやこんこん

好きなもの KAT-TUN ムック ホークス。夫と息子の3人暮らし。

私と金沢。おまけでムック。

12年ぶりに金沢へ行きました。
遠征自体は6年ぶり。

前回は長野→新潟→金沢というルートを鈍行で巡った覚えがあるけれど、12年の間に新幹線が開通して東京から2時間半で行けるようになっていて。
遠征ではなく普通に観光に来たいものです。
市場で食べたウニが美味しすぎて、絶対にまた来る!と心に決めた夏の午後。

観光自体は1日目が21世紀美術館、2日目が兼六園というベタなルート。暑くて兼六園をじっくり見られなかったのが心残り。次は春か秋がいいな。

さて。本題のムックちゃん。

思い返してみれば。
一度遠征して、気に入った場所というのは何回も行くものなんです。新潟、仙台、高知…金沢はすごくいい街なのになんで12年もあいたかなぁ?

その疑問は入ってすぐに解決しました。

そうだ。ものすごく、暑かったんだ…。

しかも、こう、自分が暴れて暑くなるよりも先に、人の熱気によって湿度が上がりものすごく蒸すという、一番苦手な暑さ、だったんですね。

あーそうだったー!と思っているうちに、フォーリングダウンからライブはスタートします。

ここでまた、これは失敗だったかもしれない、と思ったんです。何故ならば、ここまでのセットリストを見返すと、大体1、2曲目を収録したアルバムがその日の中心になっていると感じていて。
そうなると1曲目の収録アルバムは思い出せない、2曲目は知らない。これはもう棒立ち決定ー!

実際にフォーリングダウンの後、フライトまで知らない曲が続いて。しかもなんだか突然大きな空間が表れて戸惑っていたら、みなさん楽しそうにぐるぐる回りながらハイタッチし始めるじゃありませんか!

おばちゃん異空間に飛ばされたかと思ったよ。

そのうえ私の前で両手広げて壁代わりになっていた女の子、途中で我慢できなくなったのか、その中に吸い込まれていったからね。

この空いた部分どうするんじゃー!

と、動揺しているうちにフライトが始まり、我にかえる頃にはまた知らない曲で。どうしよう。やっぱり私みたいな片足爪先かすってる程度の夢烏は来ちゃいけなかったんだ(´;ω;`)と思っていたら。

絶望キターーーーーーーーーーー\(^o^)/

前半の絶望感を吹き飛ばす勢いで絶望した!勝手に体が動くんだから慣れって怖いですよね!
鎮痛剤も夜も、知ってるだけで十分!知ってる事実が大事!
ママは12年前も聞いたなぁ。母親の立場からこの曲を聞くと結構キツいものがあります。

やっと知っている曲が増えてきて、よかった、やっとついていけるようになったとほっとしていたらまさかの流星、そして家路。

家路が毎回入っているのは知っていました。でも。この流れはズルい。ズルすぎるよ。

「朽木」で堕ちるところまで堕ちて、全てを吐ききって。「鵬翼」で少しずつ前を向けるようになった。そんな彼らが見上げた「流星」。

そして、どこか懐かしく、ふと口ずさめばあの頃に還れてしまいそうな、脆さと強さを併せもつ家路。

「君の空塞いだ僕を責めてくれよ見上げた空に今何を思う」
「君なら今の僕を見て何と言うのでしょう」

そんなに切なく優しく歌われたら何も責められない。
そんなに柔らかい笑顔で歌われたら何も言えない。

ずっと余韻に浸っていたかったけれど、激しい曲へ流れると共に本編もおしまいです。TONIGHTは、曲の背景が全く違うのはわかっていますが、なんだか終わり方が刻印を彷彿とさせ、彼らも意外とあんまり変わっていないのかな、なんて思いました。

アンコールは良くも悪くもゆっけワールド全開な新曲。1997はセットリストを見た時に1979と見間違えてしまって、全然違ーう!と本気でびっくりしました。

ラストのオルゴォルと蘭鋳、折角なので思う存分暴れさせていただきました。結果今現在首が痛いです。懐かしいこの痛みすら愛しくなってきます。


きっと私のような、新曲を買うでもない、ライブに通うわけでもない、たまに来ては棒立ちしていて、昔の曲になった途端に暴れ始める懐古厨は、今のムックを熱心に応援している方にとっては鬱陶しいことこの上ないと思うんです。

それでも私にもムックを愛してやまない時期がありました。友達とムックの音楽性や方向性を真剣に語り合ったこともありました。

ほんの少しだけれども、まだ彼らを好きな気持ちが残っている私がライブに行くことをお許し下さい。

来年は20周年。久しぶりに何ヵ所か行きたいなと目論んでいます。

息子とKAT-TUN

4歳の息子。

一緒に山猫を見ていたら、いつの間にか息子の方がハマっていました。
UNLOCKをデタラメな英語で歌い、ファンタスティックと言いながら舌をペロッとし、挙げ句ライダース(ユ○クロ)+ニット帽(ト○ロ風)+サングラス(星の形)+ビーサンというコスプレを自主的に披露。
ちなみにUNLOCK熱唱とファンタスティックは幼稚園でもやっているそうです(アタマガイタイ)

そんな息子を見ながら思ったこと。

ジャニーズは女性と子供向けコンテンツである。

いやぁ、よくできてますね。
私も生まれて初めて買ってもらったCDはパラダイス銀河でした。
ドームのド派手なUNLOCKを息子にも見せたいから、早くDVD化してほしいものです。
充電完了してもまだ好きなようならコンサートにも連れて行こうかな。

そして今直面しているのが子供であるが故の率直な疑問。
KAT-TUNは6人いたの?なんで減っちゃったの?飽きちゃったから?」
「(田口くんを指して)この人もやめちゃったね。イヤになっちゃったの?」
君も20年後にはわかるかもしれないね、大人の事情ってやつがさ。

出戻り担の後悔

ここ数日のふわふわした感覚がやっと落ち着いてきて。
冷静に(なってはいないけど、直後よりは多少はね)なって思ったこと。

なぜ私は船を降りてしまったのだろう。
どうしてもう一度乗ろうとしなかったのだろう。

何度も文章を書いて、その度に消して、たどり着いた結論は、結局KAT-TUNへの想いがその程度だったということ。

私はもともとジャニーズが好きだったわけでもないし、今もKAT-TUN以外のグループにはあまり興味がありません。コンサートもKAT-TUNしか観たことがない。
本気でジャニヲタになるなんてカッコ悪い。そんな風に思っているところがあって。
自分がKAT-TUNを好きなことを一種のネタとすることで、あまりのめり込まないようにセーブしていたんだと思います。

そして、なんだかんだ言っても「ジャニーズ所属」だということ。
ジャニーズである限りどんなにメンバーの脱退があろうとも、結局グループとしては成立するし、断続的にメディアで見ることができる。
ならば、別にわざわざ戻る必要もないかな、と。
正に、マイブームが過ぎた状態でした。
バンギャ生活に重点を置き、いくつものバンドの活休・脱退・解散・メンバーの死を見てきたからこそ、ジャニーズであることの安泰感に油断していたんだと思います。
そう、船から降りた後は彼らの航海を見守ることすらしなかった。

そんな私の認識全てを覆したのが、田口くんの脱退・退所が発表されたあの日でした。
画面を通しても伝わる3人の複雑な感情。
そして亀梨くんのソロ部分、感情剥き出しで歌う彼の姿に鳥肌が立ちました。

そこからまた少しずつKAT-TUNに触れるようになり、たまたま友達がFCに入っていたおかげで4/29のドームにも行けました。
やっぱり亀梨くんの歌は6年前から大きく進化していて、あっという間に飲み込まれてしまった。
そして、何より3人の団結力、こんなにも素晴らしい空間を作り上げたのに、どうして充電なんてしなければならないの?
例えば、あの時船を降りなければどうなっていたんだろう。
降りたとしても、どこかのタイミングで戻っていれば何かが変わっていた?
なんでもっと真剣に向き合わなかった?
どうしてジャニーズのグループを好きということをどこか恥ずかしいと思っていた?
1度考えてしまったら止まらない、次から次へと沸き上がる後悔たち。

けれど、それだけでは片付けられない別の想い。
私、これまでの人生の中で、今1番KAT-TUNが好き。
だからもう2度と、誰もこんな想いをしないように。
これからは、できる限りにはなるけれど、全力で応援しながら充電完了を待とうと、心に決めました。
気分は出戻りではなく、完全に新規です。


なんて書いていたら発表された亀梨くんの映画のお話。
原作1巻だけ読んだことがあるんですが、あれをアラサー主婦が見に行っていいの?と最初の関門にぶつかっています(苦笑)

私とムック

ムックに出会ったのは…いつだろう?
気付けば知っていたけれど、はっきりと認識したのは赤盤青盤の頃でした。

知ってはいたけれど、当時の私は「密室系だけは手を出してはいけない。人として越えちゃいけないラインだ。」と思っていて(ある意味正しかった)。
結局初めて見たのは我のツアー最終日(たぶん)のZeppTokyoでした。

それまでPENICILLIN一直線だった私はライブと言えば手扇子かヘドバンが当たり前、前日のヘドバンで筋肉痛になったら次の日のヘドバンで治す!そんな生活を送っていました。

そんな私には当時のムックのライブは物凄い衝撃で(だって人の上を人が転がってるんだよ!)。なんて面白い世界があるんだ!と開眼。朽木ツアーからはもうどっぷりハマってしまいました。

今思い返せば、大学のサークルを辞めた+2年生までに選択の単位がほぼ揃ったという、ちょうど暇な時期に入っていたわけで。大学3、4年はムックに捧げたと言っても過言ではありません。

ちょうどその頃のムック、アルバムで言えば朽木~鵬翼あたり、病んで病んで落ちきったところから少しずつ光が見えてきた、そんな時期。自分の置かれた学生から社会人への過程と通じるものがあって、アルバムだって何回聞いたかわからないし、歌詞もすべて読み込んで「これは何を言わんとしているのか」なんて考えたものです。

そんな時期を経て社会人になり、結婚し、子供が生まれ。やはり徐々に聴く機会も観る機会も減っていき、今ではツアー最終日に1回行く程度。ゆるーく見守っている、そんな状況です。

私とKAT-TUN

そもそも。私は重度のバンギャでした。
今はもう片足の指先がちょこっと浸かってる程度だけど、昔はもう首までどっぷり、溺れる寸前でした。

そんな私がなぜhyphenになったのか。

あれは2006年夏のこと。月9番宣に出ていたかめなしさんに一目惚れいたしました。はい。
あの時の衝撃を今でもはっきり覚えてます。

なんだこの弟キャラは!惚れてまうやろー!

ここからは完全なる持論です。
正直、この時点ではすぐに引き返すつもりでした。
うえださんなかまるさんと同い年な私はこの時すでに22、昔からジャニーズが好きならともかく、今更ハマるなんてないでしょ、と思っていました。

そうこうしているうちに、あの事件が起きます。そう、あかにしさんの留学です。

この件以降、私の目に映るかめなしさんは「KAT-TUNのために全力で個人の仕事を頑張る優等生」でした。でも、頑張って何もかもうまくいくなら、ただの優等生なら、きっと何も魅力を感じなかった。
かめなしさんの、どんなに頑張ろうとも報われるとは限らない、それでも走り続ける姿が堪らなかったんです。頑張って頑張って、築き上げたものが崩れたりして、それでもまた立ち向かっていく泥臭さ。なんて魅力的なのかしら。

そんなこんなで、リアルドリームボーイズを突き進むかめなしさんが私は大好きです。


しまった!タイトルが「私とKAT-TUN」なのにうえだくん、なかまるくんが全く出てこない!ま、いっか。

Re:Start

4/29の話。

6年ぶりにKAT-TUNを見てきました。
最初はね、しばらく見れなくなってしまうなら見ておこうかな、っていう軽い気持ちで。
6年ぶりなのに、初めてのアリーナ席で。わーステージ近い!ちゃんと人として認識できる距離!なーんてわくわくしてた。

ところが。

始まってみたら、3人の存在感に、醸し出される空気に、あっという間に飲み込まれてしまった。
Jr.もいない、バックには誰もついていない、3人だけが作り上げる空間。
こんなにも圧倒される世界観を持っているのに、充電なんて必要あるの?

MCの内容は昔から大して変わっていない。
演出が特別派手だったわけでもない(UNLOCK除く)。
一番進化していたのは歌。
恐らく、3人の覚悟が、想いが、すべて込められていた。
あんなにも胸が締め付けられる歌を、私は知らない。

見納めのつもりで行ったはずなのに、すっかり引き込まれてしまった。
またhyphenに逆戻り。おかしいな?青春を終わらせるはずだったんだけどな。

しばらくKAT-TUNを見れなくなる寂しさや悲しさ以上に、充電期間を経て復活する時が楽しみで仕方がない。そう思えるライブでした。